HP店長さんが語るアパート・マンション紹介物語
新潟市にある小さい不動産屋の店長が書く、アパート・マンション等の賃貸物件紹介にまつわる物語。過去の面白物件・裏ネタ・珍事件を個人的意見も交えてお届けいたします。
プロフィール

HPの店長さん。

Author:HPの店長さん。
HP店長のブログへようこそ!
不動産・物件探しをする時に
役立つネタ、業界のウラ話等
を紹介中。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年こそ!!
お暇な方はランクングもチェ~ック!
(赤マークをクリックお願いしま~す。m( _ _ )m)

皆さんからの励ましクリックが私の元気のモトです!

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

ブログ閉鎖したんじゃないかってくらい、更新をさぼっていましたね~(゚д゚)
続けることに意味がある!と言いますけど、これでは続けているとは
言えないですよね。今年の反省の1つとなりました。

最近受診した健康診断でも特に大きな問題もなく(酒の飲みすぎみたいだが・・・汗)、
とりあえず元気に仕事を頑張っておりますよ。

さて、2016年もあと8時間ほどで終わりです
今回の『紅白』はあまり目玉もないような感じですが、
自分にとって紅白見て年越しってのは習慣みたいなものだし、
家で美味しいお酒でも飲みつつ楽しみたいと思います。


昨年の今頃、「2016年は教育の年だ~!!」と宣言しましたが、
結果的には・・・・

やっぱり、なかなか難しい

自分の培った経験や知識、それらは後進に伝えるというのは
本当に難しいものだ。
なぜ、思った通りに伝わらないのだろうかと考えるに、
どうやら教えた後のチェックが甘いとの指摘もあった。

確かに言いっ放しでは、その後のその人の行動の良し悪しを
判断する基準が曖昧となってしまう。

自分なら先輩・上司に何か指示・指導を受けたのであれば、
その意味を自分なりに解釈し、その良いところを身に着けようと
試行錯誤しながら行動してみるけど、
誰でもそれが当たり前に行えるという事ではないのですね。

人それぞれ、能力の違いはあるだろうけど、
成長できる人はやっぱり自分なりの考え方・物事の見方ってのが
あるように思えます。
そこには自分なりの「軸」というものがあって、
外部から受ける色々な影響も、心の軸と照らし合わせながら
その判断をしていくという感覚。

私が心の軸に通ずるものと考えるのが“志”です。

自分が何のために仕事をしているのか、
その仕事によって何を成し遂げるのか?
その答え(=志)が明快なほど、夢や目標に向かって
前進できるものだと思います。


ただ、誰しもがそんな明快な志を持っているとは限りません。
色々な経験を積みながらその答えが見つかるという事もあるでしょう。
自分だってこの歳になっても、この先のことについて
不透明に思っている部分もあるのだから、
若い人なんかもっと先行きのことなんか分からなくて当然なのかも。

そんな人達に方向性を見出してあげるのが、
会社の、そして自分の役目なのではないかと
最近よく思うのです。

誰しも可能性というのを持っているはずだし、
その良いところを引き出してあげて、
会社と社員それぞれが成長するための力に
なってもらえるよう導いてあげるのが
上に立つ者の役目なのでしょう。

その点において、自分はまだまだ力不足であります。
もっと相手の良さを引き出してあげられるような
そんなリーダーになれる様励んでいきゃなきゃです

   ※     ※     ※     ※     ※     ※

さてさて
来年の2月で当社は10周年を迎えます

長かったような、あっという間のような、
どちらかと言えば「10年もやってきてこんな結果かい!?」という思いが強い

本当はもっと成し遂げたいことがあれこれとあったのに、
その半分もできていない感じがします。

しかし、過ぎた時間は取り戻せません。
前を見据えて進むしかないですよね。

こんな小さな会社であっても、誰かしらのお役にはたっているはずだし、
当社の思想に共感して協力してくれる取引先様や、
根強いファン(お客さん達)のおかげで、
ここまでやってこれることが出来ました。

この10年、なんとか無事に営業できたことは
一定の成果であることを、自身も肯定的に認めて、
更なる成長を目指して頑張っていきます!



締めのご挨拶を。


2016年も色々な方のお世話になりまして、
無事、年越しを迎えることができました。
感謝の意を申し上げます。
10年一区切りとして、来年以降もっともっと魅力的な会社に
出来るよう、引き続き励んでいく所存です。
もしこのブログを見てくれて、共感するところがあるのでしたら、
不動産に関するご相談が必要となったときは
是非“ハウスパートナー”までお声掛けください。

本年お世話になった皆々様に深く御礼を申し上げます m(__)m



それでは皆様・・ 良いお年お迎えください!! 
 (次回へ)

※新潟市のお部屋探しならコチラ→「ハウスパートナー」へどうぞ!

ランキングに参加中♪ 多くの人に見て欲しいので今回の話が良かったと思ったら、
赤いランキングマークをポチッと一押しご協力を!(ランキングアップします。


より面白い記事を書くため、皆様の励ましクリック期待してま~す

スポンサーサイト
安息~東京編#74
お暇な方はランキングもチェ~ック!
(赤マークをクリックお願いしま~す。m( _ _ )m)

皆様の励ましクリックが何気に嬉しい!

⇒『東京編』は私が不動産の仕事に携わることになった若かりし頃のお話。ほぼ実話(笑)。

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

入院生活も一週間が経とうとしている。

毎日飲まされる薬の量(約10種類!)にはうんざりするが、
あれだけ長く続いていた発熱が少しずつ下がってきた。
それもあって体のしんどさも徐々に和らいできたのでした。

しかしながら、体調不良の原因はまだ特定が出来ず、
入院生活はまだまだ続くことになる。

けれど、解熱によって何より良かったと思ったのは、
食事の塩分制限が解除され、ちゃんと味のあるご飯が
食べれるようになったことかな。。。

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

色々な検査はまだまだ続いてはいるが、
入院生活は基本的に自由な時間が多い。
自分の場合は病気の原因は分かっていないとはいえ、
体はピンピンしているから余計暇を持て余すことになる。

TVは有料だからダラダラとつけっぱなしに出来ないし、
その時の彼女に好きなバイク雑誌なんか買ってきてもらい、
それはもうページの端から端まで読んでいたな。
だって、することが無いから

たまに同僚も見舞いに来てくれました。
その際に差し入れ代わりに頼んでおいたのが
お菓子やお花とかのお決まりのものではなく、
ここ最近の「住宅情報」と「マイルームガイド」

※一応説明しますけど、この頃の部屋探しはインターネットなど無いので、
 こういった紙媒体が主な情報源となります。

普段の仕事においても、これらの雑誌をくまなくチッェクするのは
日課となっていました。
そもそも、お客さんの情報源ではあるけれど、
我らだってここから新たなネタを探ったりするのです。

実は店頭に並ぶ(発売日の)ちょっと前に、
我らの手元には見本誌がいち早く届くのです。
それで、そこから得た新情報をお客さん達に
本の発売よりも前に伝えることが営業上、
有効な追客方法となっていました。

毎週発売になるものだから、広告戦略を立てる上でも、
その傾向と対策は厳しくチェックしていました。


「ふ~ん、こんな物件が出ているんだ~」とか
「今ならこの沿線に情報集中させた方がいいよな」など

一瞬、仕事をしているような錯覚をしてしまうが、
いくら情報を仕入れたところで、それを生かすことなど
今の自分には出来ない。

見ているうちに何だかだんだんと虚しくなってきました・・・

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

入院生活も2週間も経つと、なんというかこの生活が
当り前のような感覚になってくるから不思議なものである。

ドラマ「白い巨塔」でもやっていた
“○○教授の総回診です~”ってやつ。
自分もあれと同じやつ受けたりもしました。笑
大勢の学生らにジロジロ見られるのは
あんまり気分の良いものではないですね。

「お前ら、俺の体診るからには、ちゃんと勉強しろよ!」
と心ではつぶやきつつ、早く終わらないかな~なんて考えてる。

学生らから見たら、自分は研究対象の1つなのだろうけど、
結局はただの病人なのだ。

ただ、この頃から諦めの気持とは少し違うかもしれないが、
入院という事実を素直に受け止めようとも思えるようになってきた。

思えばこの数年間、これだけ何もしないで休んだ記憶が無い。
何が夢だったのかも見失いつつも、目の前の仕事だけに
自分のほぼ全てを捧げてきた。

ひょっとしたら、このように入院する羽目になったのは、
先行きも分からず突っ走ってきた自分に対して、
“ちょっと立ち止まってみようよ”
と見えない何かがストップをかけたのかもしれない。

全く望んではいなかったけど、
“安息”の時間が与えられたのかなって。

そう考えれば、この入院生活も自分にとっては必要な事だったのだと。
しっかり体を休めて、治療に専念しようと素直に思えるようになるのでした。


しかし、病気の原因が未だハッキリせず、
先行きに対して不安は拭えないのでした・・
(次回へ)

※新潟市のお部屋探しならコチラ→「ハウスパートナー」へどうぞ!

ランキングに参加中♪ 多くの人に見て欲しいので今回の話が良かったと思ったら、
赤いランキングマークをポチッと一押しご協力を!(ランキングアップします。


より面白い記事を書くため、皆様の励ましクリック期待してま~す

隔離~東京編#73
お暇な方はランキングもチェ~ック!
(赤マークをクリックお願いしま~す。m( _ _ )m)

皆様の励ましクリックが何気に嬉しい!

⇒『東京編』は私が不動産の仕事に携わることになった若かりし頃のお話。ほぼ実話(笑)。

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

このブログを初めて見てくれた方の為にたまにご説明を。
ブログカテゴリの中でこの「東京編」は過去の体験に基づいて記したものですので、
途中から見たら何がなんだか分からない内容かと思います(笑)
ご面倒でも#1から遡って読んで頂けると理解できます。
(長くなるのでお暇な時にどーぞ

  ↓  ↓  ↓

人生初の「入院」となった私

お見舞いに病院へ行ったことは何度もあるけれど、
まさか自身がお世話になることになろうとは予想だにしなかった。

病室は当然ながら大部屋。
当り前だが、具合の悪そうな方々がベッドに横たわっている。
出来れば会社と同じように窓際が良かったのだが・・・

入院手続きも済んでほどなく、担当してくれる主治医が挨拶にくる。
主治医の横には助手らしき若者もいて、
ちょっとしたことはこの若者とやり取りをするらしい。
TVドラマで見たけど研修医ってやつかな。

主治医にも尋ねたが、自分の体のどこが悪いのだろうか?
「それを調べる為に入院してもらったんですよ」と主治医。

その言葉通り、初日から早速色々な検査を受ける事となる。
何かの液体を血液中に注入しながら(点滴で)
MRI(かな?)で体の隅々を調べたり、
自分にとっては何もかもが初の体験。
その液体のせいか、なんかムカムカしてきて、
こんな検査が続くと思うと憂鬱な気分になってしまう。

そして、ちょっと恐怖であったのは「水抜き」
入院前からうすうす判明していたことだが、
どうやら体内に水が溜まっているらしい。
検査も兼ねてその水を摂取(抜く)するのだが、
なんと腹部に直接、注射器を指してチュ~~っと
一気に抜いてしまうのだ。
これには最初ビビったものだ。

検査は色々と行うのだが、それ以外の時間は
基本的にベッドで休んでいるだけ。
ついこの間まで、あくせくと働いてきた身としては、
何もしない事が妙に落ち着かない。

こんな所にいつまでもいる訳にはいかない。
出来るだけ早く仕事に復帰せねば!
ぼ~っとしてても考えるのは仕事のことばかり。

しかし、そう思ったところで自分にはどうしようもできない・・・

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

病院での生活はとても規則正しい。
夕飯も18時過ぎには用意されますからね。
普段は22時以降とかに食べてたから早すぎてなんかヘンな感じ。

しかも、その飯がなんとも味気ないこと。
品数がしょぼいとかでなく、全体的に味が薄い!

熱がまだ続いているから、炎症を抑えるために塩分をカットされているのだ。
なんとまぁうまくない飯だこと。ラーメンとか食べたいな~


そして、消灯時間も夜21時と決まっている。
幸いベッドには個別でTVがついていたから(これが当り前なのか分からないが)、
普段はあまり見ないTVで寝るまでの時間をつぶせる。
それでもあまり遅くまでは観てられないから結局は早く寝なければいけない。

シーンとした夜の病室。
ベッドはカーテンで締め切っているから、目に映るのは病室の天井だけ。

暗い天井を見ながら思う。
ここは世間から「隔離」された場所なのだと。

病院の外では、街は夜でも明るく、
人々はまだ仕事していたり、楽しく飲んでいたり、
思い思いの生活を送っているのだ。

今まで当り前であった日常が、今の自分には無い。

あの決して広いとは言えないマイルーム(自宅)が
とても恋しく思われる・・・

やっぱり、そこがどんな部屋であっても、
自分の家というのはとても大切な場所なのだなと思う。

たとえそこが寝に帰るだけの部屋であったとしても・・・

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

この隔離状態はいつまで続くのであろうか。

仕事が出来ないという悔しさもあったが、
この先行きが見えない状況に私は大きな不安を感じるのでした。
(次回へ)

※新潟市のお部屋探しならコチラ→「ハウスパートナー」へどうぞ!

ランキングに参加中♪ 多くの人に見て欲しいので今回の話が良かったと思ったら、
赤いランキングマークをポチッと一押しご協力を!(ランキングアップします。


より面白い記事を書くため、皆様の励ましクリック期待してま~す

今年初!!!   です。
お暇な方はランクングもチェ~ック!
(赤マークをクリックお願いしま~す。m( _ _ )m)

皆さんからの励ましクリックが私の元気のモトです!

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

なんとなんと、今年初!ブログ更新です。。。

ブログを作成する余裕が無いくらい仕事が繁盛していたら良かったのだけど、
残念ながらこの繁忙期は狙い通りの成果は出せず仕舞い

まぁ、思いがけぬ売買取引がまとまったりしたのは良かったですし、
賃貸も敢えてチャレンジしたテーマに対してのこの結果ですから、
良いコト悪いコトも含め今後に生かしていきたいと思います。


さて、先週はまた痛ましい災害が起きてしまいました。

最初は「結構、大きい地震だな~」くらいで見ていたら、
翌日以降も震度を更に上回る余震が続き、
被害も日に日に増しています。
これ以上、被害が拡大しないことを祈るばかりです。

地震と言えば5年前の東日本大震災を思い出します。
あの時は、津波災害と原発被害がクローズアップされましたが、
この度の熊本は建物の倒壊が目立っているように感じます。

普段、何気なく暮らしていると、住まいの耐久性がどんなだろうとか
まず考える事なんてないでしょう。
当り前のように存在していた住宅が、突然、目の前で崩れ去るという
恐怖は想像を絶するものであります。

残念ながらこういう災害が起きなければ、建物の良し悪しに
気付けない訳ですが、それはあまりに不幸というものです。

建物の専門的なことはやはり建築業者に委ねるしかないですが、
我ら不動産業に携わる者が出来ることとしたら、
少なくとも建物構造の基本的な知識くらいは身に付け、
取引の際、リスクの可能性についてある程度の説明を
出来るようにすべきではないでしょうか。
(といってもなかなか難しいことではあるのだけど


新潟においても、大きな地震は何度も発生している訳で、
次は我が身という可能性もあり得ます。
その有事の際、どれだけ冷静でいられるものか。

少なくとも、この仕事で身に付けた知識を生かして、
困っている方の手助けが出来る様にはしていきたいです。

   ※     ※     ※     ※     ※     ※

こういう一大事があるとG.Wを楽しもうって雰囲気にはなりにくいでしょう。
でも、当事者でない人達はそこまで深刻には考えないかな。

誰だって余暇を楽しむ自由はあるのだし、それを控えたところで
被災地の復興が早まる訳ではないですしね。

世論でも「自粛だ~」という言う人もいれば、
「こういう時こそ元気に!」なんて意見もある。

多くの人達は何とかしてあげたいって思うはずだけど、
じゃあ一体何ができるかが分からないのが正直なところでは。
現実問題、自分の生活を維持するだけで精いっぱって人も
結構いるんだろうし。

かくいう私もそんなに余裕がある訳ではない。汗
けれども、被災した方々から比べれば、はるかに恵まれた状況で
あることは認識して、とりあえず目の前のやるべき事に
必死に取り組むしかないと思います。

我らが頑張って稼げば、その税金の一部から復興財源もでるのだし。
僅かではあってもそれだって被災地支援の一端を担います。

被災地の早期復興を願いつつ、自分は出来ることを頑張っていこう!!
 (次回へ)

※新潟市のお部屋探しならコチラ→「ハウスパートナー」へどうぞ!

ランキングに参加中♪ 多くの人に見て欲しいので今回の話が良かったと思ったら、
赤いランキングマークをポチッと一押しご協力を!(ランキングアップします。


より面白い記事を書くため、皆様の励ましクリック期待してま~す

来年こそ教育だ!と反省する今年です
お暇な方はランクングもチェ~ック!
(赤マークをクリックお願いしま~す。m( _ _ )m)

皆さんからの励ましクリックが私の元気のモトです!

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

2015年もあと8時間で終わりです。
大晦日はやはり『紅白』見なきゃ1年を締めくくれないです!
X JAPAN、レベッカそして「ラスボス」は見逃さないようにしなきゃ


さて、今年は会社的には決して余裕のある1年ではありませんでした。
「一進一退」っていう言葉がピッタリ当てはまるような感じ。

将来に向けて色々と下地作りをしていきたいのだけど、
その為には一緒に頑張ってくれる「人の力」が必要。
実力あるスッタフを(教育して)揃えなければ次の段階に
進むことはできません。

振り返るとその“教えること”に対して非常に悩みました。
人材育成はどの会社でも重要課題であろうけど、
どうやればスタッフがすくすくと成長してくれるものか
現在もかなり思考錯誤の状態です。汗

「名プレーヤーは名監督にあらず」
自分が名プレーヤーとはまだまだ思えないですが、
長い間この業界で生きてきて、その経験と知識は
それなりには持ち合わせています。
それをいかにして次世代の人達に伝えれば良いものか。

どうも自分は“教えること”がまだまだ不充分であり、
今後、指導方法というものをもっと研究する必要があります。


自分は昔から現在においてもまだまだだな~って思うことが多々あり、
もっと勉強しなきゃと常々思っているのですが、
他の人達も同じようにそう思って仕事をしているとは限らないんですよね。

自分は出来が良くないものですから、いつも周りの出来てる人を手本にしたり、
色々な方法を試したりと必死にもがいてきました。
それと、会社にお世話になっている以上、いかにしたらこの会社に貢献が
出来るだろうということはとても意識していました。
(結果をだせば給料にも反映させられますからね。)

だけど、今の若い人(なんて言うと年寄臭いですが。笑)って
私のやってきたようなことは当り前とは思ってないような気がします。
これが「ゆとり世代」ってやつなのか、生きてきた時代が違うせいなのか
それは分かりません。

自分がこの業界に入った1990年代はバブルの余波を受けつつも
まだまだエネルギッシュな時代でありました。
若い人の多くも夢を胸に抱き、頑張れば報われるのだという
それが普通に感じた時代であったような気がします。

ところが、時代が変われば、人の意識も変わってしまうのか、
今の若い人達って具体的な夢や目標を持っている方は
少なくなったのでしょうか。

それとも、夢を見させることが出来ない我らが悪いのか・・・


私が近年思う事は、若い人達がイキイキと働けて、
皆が何かしら夢を追いかけることができるような環境を
揃えてやること。

だって、これだけの時間を仕事に費やすなら
絶対に楽しく働けた方が良いですもん♪

若い人は自分の可能性に気づいてないだけかもしれない。
それなら、そういった人達に手を差し伸べて導いてやるのも
私の使命ではないのか。そう考える事が多くなりました。


当社もあと1年で10周年を迎えます。
その大きな節目に向かって、スタッフの教育に力を注ぐことが
来年の大きな課題となります。

それによって力をつけたみんなと、更に色々な事にチャレンジできたら
とても素敵なことだと思います♪

来年は自分の成長だけでなく、周りも巻き込んで成長していけるような
そんな環境作りに励んでいきます!!

   ※     ※     ※     ※     ※     ※

個人的な話をすれば・・・

初めて救急車のご厄介になったとかありましたが・・・


それより!今年はず~っと前から欲しかったモノの「第1位」と「第2位」が
一気に手に入りました♪\(^o^)/

そのうちの「第2位」とはコレ
  ↓  ↓  ↓
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1064322536952033&set=a.1064322566952030.1073741826.100001228897655&type=3&theater

「第1位」に関しては、まだまだ増やしていくべきものなので、
来年以降もそのチャンスを逃さないようしていきます!


締めのご挨拶を。

少ないと思いますが、このブログを見たっていう
お客様もいて誠に嬉しい次第であります。

表面的なことしか見えない各社ホームページとは違い、
このブログは私の考えそのものを表現しているものです。
共感するものが見いだせたのならば、不動産探しをする際には
是非“ハウスパートナー”にお声掛けください。

本年お世話になった皆々様に深く御礼を申し上げます m(__)m



それでは皆様・・ 良いお年お迎えください!! 

 (次回へ)

※新潟市のお部屋探しならコチラ→「ハウスパートナー」へどうぞ!

ランキングに参加中♪ 多くの人に見て欲しいので今回の話が良かったと思ったら、
赤いランキングマークをポチッと一押しご協力を!(ランキングアップします。


より面白い記事を書くため、皆様の励ましクリック期待してま~す



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。