HP店長さんが語るアパート・マンション紹介物語
新潟市にある小さい不動産屋の店長が書く、アパート・マンション等の賃貸物件紹介にまつわる物語。過去の面白物件・裏ネタ・珍事件を個人的意見も交えてお届けいたします。
プロフィール

HPの店長さん。

Author:HPの店長さん。
HP店長のブログへようこそ!
不動産・物件探しをする時に
役立つネタ、業界のウラ話等
を紹介中。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方都市の方が家賃はオトクか?
読む前に今日は何位になっているかチェ~ック!
(赤マークをクリックお願いしま~す。m( _ _ )m)

皆さんからの励ましクリックが私の元気のモトです!

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

1月も下旬にさしかかり、お客さんの数も増えてきました。

そんな中、今週は県北の“村上市”まではるばる物件案内に行ってきました。

普通、新潟市の仲介業者がわざわざ村上まで案内に行くなんて
「ありえな~い!?」って言われそう(汗)。

でも“そこに物件があるから”案内するんですよね~(笑)♪

3月までは日東道が無料だし、高速を使えば意外と時間も
かからないです。
 murakami.jpg
 ※さすがに雪が多い!村上インターの完成ももうすぐかな。

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

さて、村上市も含め地方都市って、新潟市と比較してもそんなに
家賃が安いわけではありません。


新潟市では万代・古町地区をピークとして、郊外に行くほど家賃相場
は下がっていくのが普通です。

お部屋を探しているお客さんも、駅から離れるほど家賃は安くなるものだと
思っている方が多いですね。


でも、同じ新潟市内であっても、ちょっと都会の「西区」と少し田舎の(失礼)
「西蒲区」は家賃相場にそう大差はなかったりします。

特に中古物件では家賃の“逆転現象”が起きることもしばしば。


何故、このような現象が起きるのか

それは『需要と供給』のバランスが取れているかどうかで
相場は決まっていくという事なのだと思います。

旧新潟市の地域では物件の供給過剰がどんどん進み、競争も日増しに
激しくなっています。よって家賃の値下合戦もよくある話(汗)。

対して地方都市では商圏は限られているものの、今の所、需給バランスが
そんなに崩れていないようです。
なので、田舎だからと言って家賃をそんなに下げる必要もないのでしょう。
(最近は供給量が増えているので、いずれ大変になりそうですが・・・

将来的にはこれらの地域格差が広がる事が予想されます。

魅力のある街には人も集まり需要が喚起され相場崩れもそんなに
起きないのでしょうが、その逆である場合は悲惨な状況が
待ち受けているでしょう。

家賃が安い方が入居者は嬉しいでしょうが、あまりにも需給バランスが
崩れるとこの業界自体が衰退してしまい、結局、皆さんに何かしらの
“しっぺ返し”がくるかもしれません。

何事も行き過ぎはうまくないですよね♪

※     ※     ※     ※     ※     ※

昔の事ですが、東京から戻ってきた時も、新潟市の家賃って思いのほか
高い!と感じたのを思い出します。

でも、その街々の家賃相場って、街自体の人気度合いと比例するのかなと
思えば、妙に納得できる気がしませんか。


家賃が高いのはあまり歓迎できませんが、その分、魅力的な街に
住んでいるという“証”なのかもしれませんよ♪

(次回へ)

※新潟市のお部屋探しならコチラ→「ハウスパートナー」へどうぞ!

ランキングに参加中♪ 多くの人に見て欲しいので今回の話が良かったと思ったら、
赤いランキングマークをポチッと一押しご協力を!(ランキング~アップします。


より面白い記事を書くため、皆様の励ましクリック期待してま~す

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://housepartner.blog46.fc2.com/tb.php/107-5be2d822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。