HP店長さんが語るアパート・マンション紹介物語
新潟市にある小さい不動産屋の店長が書く、アパート・マンション等の賃貸物件紹介にまつわる物語。過去の面白物件・裏ネタ・珍事件を個人的意見も交えてお届けいたします。
プロフィール

HPの店長さん。

Author:HPの店長さん。
HP店長のブログへようこそ!
不動産・物件探しをする時に
役立つネタ、業界のウラ話等
を紹介中。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地震
昨日の大地震。

その時、事務所内にいたのですが、マンション全体が“ユラ~ユラ~”と
しばらく揺れが続き、かなり緊迫した状況でした。

揺れる中、お客さんおよび他のスタッフの安全確保、社内の電化製品を
低い位置に移動をする。

その後、ネットを開いて震源地を確認。

その中心が新潟でないことが分かる。


新潟市でこれだけ揺れたのは「中越沖地震」以来だと思うが、
今回はそれを全然上回っていたように感じる。


電話が徐々につながるようになって、スタッフとその関係者に今の所、
人的被害が出ていないことが分かりまず一安心。
(物的被害がでているようだが・・・)


夜中には長野・中越方面でも大きい地震。
余震もあり何度も目が覚めました。

でも、東北の各地では公共設備もストップし、寒さと暗さの中
不安な夜を過ごしている方々が沢山いるのだろう。

こうやって、普通に布団で寝れる事に感謝しなければいけない。



一夜あけてTVを見ると、各地の被害状況が改めて判明してきて、
今回の地震の凄まじさをまじまじと実感する。


お客さんの中にも身内で被災された方もおられます。

こんな時に、私に協力できるようなことはあるのだろうか。

考えてもうまく思い浮かびません。



それでも、お部屋探しされる方、契約に来られる方などが
続いて来店されています。


どんな時でも“住まい”は必要であるし、安心してその住まい探しを
お手伝いすることしか今の私にはできません。



もし、他に手助けになる事があるのなら可能な限り協力したいと思います。


被災地の方々が1日でも早く復興出来る様祈るばかりであります。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://housepartner.blog46.fc2.com/tb.php/111-57d5597a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。