HP店長さんが語るアパート・マンション紹介物語
新潟市にある小さい不動産屋の店長が書く、アパート・マンション等の賃貸物件紹介にまつわる物語。過去の面白物件・裏ネタ・珍事件を個人的意見も交えてお届けいたします。
プロフィール

HPの店長さん。

Author:HPの店長さん。
HP店長のブログへようこそ!
不動産・物件探しをする時に
役立つネタ、業界のウラ話等
を紹介中。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県借上げ住宅制度
読む前に今日は何位になっているかチェ~ック!
(赤マークをクリックお願いしま~す。m( _ _ )m)

皆さんからの励ましクリックが私の元気のモトです!

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

今年はびっくりするほど早く梅雨も明け、
連日、暑い日が続いています(大汗)。

暑いのは苦手っていう人も多いですが、
個人的には暑いのは平気な方ですね。仕事もバリバリこなします!

でも、エアコンの風が心地良く感じる今日この頃ですな~(?)。


さて、7月より県が主導で被災者に対する支援制度が始まりました。

福島・宮城・岩手より避難してきた方達が新潟でお部屋を借りる際、
県が一定期間、その部屋を借上げてくれるというものです。

4人以内の家族の場合、家賃6万円まで県の方で面倒見てくれます。
しかも、貸主は礼金・敷金等を受け取っては駄目という決まり。
(替わりに退去補修費として家賃の2ヶ月分を県が前払いしてくれる。)


来年3月末までの(延長も可能らしい)一時的な措置ではありますが、
被災者の方々にとっては非常に有難い制度でありましょう。


本制度を利用してお部屋探しをしたいっていう問合せも何軒か
いただいているのですが、我らからするととても厄介な事情が
ありまして・・・・(汗)。

ハッキリ言いますが、この制度には「欠陥」と思ってしまいたくなる
困った規定があります。

それは、
“仲介手数料を借主から貰ってはいけない”という規定。
お客様が払うよと言ってくれても、もらっちゃ駄目です。

我らのような仲介メインの会社は“仲介手数料”が無いと
利益を上げる事ができず非常に困ったこととなります。

だから、せっかく動いても全て「ボランティア」となる。
零細企業の身としては、お世話したくても現実的には厳しいところなのです。


その反対でこの制度で得をする人達もいるでしょう。
例えば、

○物元(ぶつもと)=いわゆる契約の当事者となる者。当然、貸主も含む。

貸主の立場であれば、仲介料は無くても家賃が入ってくるので何も問題は無し。
あと、貸主代理やサブリースなどで、自社が貸主と同等の立場であれば、
同様に家賃収入があるのでそれでOKです。
しかも、この機にしばらく空室が続いていた部屋を埋めちゃおう!っと
たくらんでいる業者もいるでしょうね。(あくまで想像ね(笑)♪)

結局、本制度を有効に使って、被災者の方々(というか県と)と堂々と取引が
できるのは大きい会社や社歴のある地場業者ってとこでしょう。

※     ※     ※     ※     ※     ※

某○○建託みたいに、仲介してくれたら“お駄賃”上げるよ♪ っていう
理解ある会社もあるのですが、大抵は自分とこでやって、仲介業者は
いれたくないっていうのがほとんど(泣)。


本当なら是非、力になりたいところなのですが、そうは出来ないもどかしさ・・・


役所の人も「仲介会社」の存在をもっと理解して欲しいものです(怒)!
(県庁が多少のお駄賃くれれば丸くおさまるのにね~

(次回へ)

※新潟市のお部屋探しならコチラ→「ハウスパートナー」へどうぞ!

ランキングに参加中♪ 多くの人に見て欲しいので今回の話が良かったと思ったら、
赤いランキングマークをポチッと一押しご協力を!(ランキングアップします。


より面白い記事を書くため、皆様の励ましクリック期待してま~す

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://housepartner.blog46.fc2.com/tb.php/120-db4dde96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。