HP店長さんが語るアパート・マンション紹介物語
新潟市にある小さい不動産屋の店長が書く、アパート・マンション等の賃貸物件紹介にまつわる物語。過去の面白物件・裏ネタ・珍事件を個人的意見も交えてお届けいたします。
プロフィール

HPの店長さん。

Author:HPの店長さん。
HP店長のブログへようこそ!
不動産・物件探しをする時に
役立つネタ、業界のウラ話等
を紹介中。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1階店舗は理想的か!?続き~東京編#43
読む前に今日は何位になっているかチェ~ック!
(赤マークをクリックお願いしま~す。m( _ _ )m)

皆さんからの励ましクリックが私の元気のモトです!

「東京編」は私がこの業界に入った当時の回想ストーリーです。(ほぼ実話)

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

「P興産」新宿店+本社事務所が移転となり、念願の1階店舗に
なったまでは良かったが、立地があまり望ましいものではなく・・・

駅から徒歩10分以上。半ば住宅地とも言える目印などあまり無い
中途半端な場所。人通りもそんなに多くない(汗)。


我々が危惧したのが、
こんな場所で集客ができるか?
「駅からお店への道順」をどう説明するか?

仲介をメインとする店舗であるならば、やはり、人目につきやすい
立地である方が当然良い。

例えば駅周辺の不動産屋をまわろう!と思えば、普通、目に付く
近場のところから入るのは自然の流れでしょう。
常識的には遠ければ遠いほど不利になってしまいます。

そこで我らが取った手段は、
飛び込み客は最初から期待しない」ということ。

大体、お部屋の探し方としては、まず候補となりそうな「物件」を
探してから、その取扱い会社に連絡するというパターンが多いです。

ならば、広告に出す物件情報をシビアに選択していけば、おのずと
問合せはくるはずです。(お客受けしそうな物件を多数用意する。)

おかげで、集客数は落ちる事はありませんでしたね。

  ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

あと、「道順説明」ですが、
これはいかに“相手目線”で説明できるかにつきます。

食い違いが起きるのは“説明する方”と“説明を受ける側”の
街の理解度が全然違うからです。

「何でわかんないんだよ~!(怒)」とか言ってる人にかぎって、
自分本位で話しているものです。

「小滝橋通り」や「ダイカンプラザ」とか言っても、知らない人からすれば
チンプンカンプン。全然、目印にはならない。
(「お前は知ってるからいいけどさ~」なんて思った経験はないですか?)

だから、相手の街理解度を確認した上で説明方法を変えてゆく
必要があるし、何パターンも言い方を用意すれば何とかなります。

ま、いざとなれば迎えにいけばいいですし。

※     ※     ※     ※     ※     ※

現在のお店も自慢できるくらい分かりづらい場所にあります(笑)

あの当時の経験が生きているのか、こんな場所でも集客にそんな
困った事はありませんね。


“相手目線”で考えて営業をしていれば、自ずとお客さんは来るもの
なのかもしれませんね♪

(次回へ)

※新潟市のお部屋探しならコチラ→「ハウスパートナー」へどうぞ!

ランキングに参加中♪ 多くの人に見て欲しいので今回の話が良かったと思ったら、
赤いランキングマークをポチッと一押しご協力を!(ランキング~アップします。


より面白い記事を書くため、皆様の励ましクリック期待してま~す

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://housepartner.blog46.fc2.com/tb.php/126-8620599c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。