HP店長さんが語るアパート・マンション紹介物語
新潟市にある小さい不動産屋の店長が書く、アパート・マンション等の賃貸物件紹介にまつわる物語。過去の面白物件・裏ネタ・珍事件を個人的意見も交えてお届けいたします。
プロフィール

HPの店長さん。

Author:HPの店長さん。
HP店長のブログへようこそ!
不動産・物件探しをする時に
役立つネタ、業界のウラ話等
を紹介中。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバルは手強いぞ!(対 建築会社編) ~東京編.13
朝、出社するとまずやることと言えばメールチェックでしょうか。
しかし「P興産」(私が初めて勤務した不動産屋。過去記事参照♪)にいた頃は、まずFAXで送信
されてきた同業社の空室一覧表を朝イチで確認するのが日課でした。
(一覧表=仲介会社に向けて是非、入居者を紹介して下さ~いと送られてくるもの。)
それらの一覧表の送り主は主に建築会社もしくはその系列の管理会社から送られてきます。

まずチェックするのは新着物件があるか。特に「新築物件(工事中)がでてないかを
念入りにみます。昔も今も「新築物件」は魅力的であります。
「新築」はお客様からの問い合わせも多いので、ライバル業者より少しでも早く情報を仕入れ、
それを広告掲載して集客につなげたいのです。
その当時は掲載物件の半分が新築なんて事もありました。(バカの一つ覚えでしたね

皆さんも情報誌を見た際、明らかに同じと思われる新築物件の情報が複数の業者からでている
のに気付いた事はありませんか。何が違うの?と思ったかもしれませんね。
結局、どのお店を通しても元は同じです。

建築会社系および管理系不動産は自社物件を多く所持していますが(だって建てるのが本業
ですからね。)、入居者の募集力はそんなでもない傾向があります。
しかも建築受注の条件として家賃保証(今度、詳しく書きますね。)などしてようものなら、
とにかく必死で部屋を埋めようとします。(簡単にいえば空室があるほど損が大きくなる
なので、複数の仲介会社に情報を積極的に流して、入居者の斡旋をお願いしている訳です。
(成約報酬を出すところもありますよ!機会があればまた詳しく・・・)


建築会社も色々ありますが、新潟でよく見かけるとしたら・・・
いい部屋ネットでお馴染み「大東建託」、人気のある「大和ハウス」、シャーメゾンの「積水ハウス」、
ホームメイト「東建コーポレーション」、ヒーローマンション専門「廣瀬」、その他多くの会社がありますね。
これらの会社の良いところは、基本的に建物品質が安定しているので(シリーズものみたいに)、
お客様が安心できること。大手建築会社とかは、流行の賃貸住宅に敏感なので、洗練された
雰囲気でカッコいい物件が多いことなどでしょうか。(設備もいいですよね~

でもネームバリューに期待してお店に行ったものの、期待外れの結果になる事も多いです。
それというのも建築系会社や管理物件を多く持つ会社の使命は
    「とにかく自社物件を決める!」
これにつきます。だから、自社物件以外のよそ様物件をわざわざ紹介などしたくないのでしょう。
(中にはそうでない親切な人もいるでしょうが・・・) 
実際、自社以外の物件を一切紹介しない会社も存在します。
(条件外れの物件を妙に押してくる営業マンも要注意ですぞ!自社都合を押し付けてる可能性大)

なので、物件の好みがマッチしてるならともかく、条件にこだわって探す方は無駄足になるかも
しれませんね。(会社のネームバリュー=豊富な物件種類とはならない訳デス)


余談ですが・・・
情報誌に新築物件および建築系会社物件ばかり載せてる仲介会社は遠慮しといた方がいいと
思います。若干高くともそれらの物件を好む人だけを意図的に集客しようとしてるからです。
しかも情報収集の努力をしなくとも、勝手に向こうから頼んでくるような物件ばかりな訳ですから、
その他の情報に疎い可能性が高いです。やり方が安易だな~と感じるトコがたまにあります。
(はっきり言い過ぎたかな? 若かりし日の自分も似たような事も経験してるので。)


新築も魅力的ですが、これだけ供給過剰だと未入居状態になってるトコも結構あります。
(新築物件にも良し悪しがあるのです。中古物件だって人気のあるトコも多くある訳ですし。)
結局、自分が求める「住まいの条件」とは何なのかが重要であり、それらを適確にアドバイスして
理想の実現を助けてくれる不動産屋と出会う事が肝心だと思うのです。
(次回へ)

※新潟市のお部屋探しならコチラ→「ハウスパートナー」へどうぞ!

ランキングに参加中♪ 多くの人に見て欲しいので参考になったと思えたら、
赤いランキングマークをポチッと一押しご協力を!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://housepartner.blog46.fc2.com/tb.php/16-ca37f1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。