HP店長さんが語るアパート・マンション紹介物語
新潟市にある小さい不動産屋の店長が書く、アパート・マンション等の賃貸物件紹介にまつわる物語。過去の面白物件・裏ネタ・珍事件を個人的意見も交えてお届けいたします。
プロフィール

HPの店長さん。

Author:HPの店長さん。
HP店長のブログへようこそ!
不動産・物件探しをする時に
役立つネタ、業界のウラ話等
を紹介中。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「思い描いた場所」 ~東京編.17
ようやくたどり着いた。というか巡り会えた。
「思い描いてた場所」はココだったんだ・・・


それはまだ残暑厳しいある日のこと。
新しくやってきたN沢さん(過去の同棲相手:男!)が色々と仕事の事を聞いてくる。
「ねえねえ、Kさん(私)!これってどういう事なのかな~?あと、コレと、ソレと、アレも・・・etc」
話し方がしつこい感じなので、顔は笑顔でも心の中は 「ちと、ウザいかも・・・
そんな感じでちょっと困ってたところに、女性の飛び込み客が来店。
「じゃあ、N沢さん。実戦を見て参考にして下さい。」と私が担当することに。(ラッキー!

お客様は20代後半のOLさん。当時の私からみればお姉さん位という感じです。
落ち着いた語り口ではあったものの、希望を聞いてみるとなかなかの難しそうな条件だなと
感じました。(さりげなく自己主張してる感じ。)
初めての一人暮らしという事もあり(不動産に来るのも初めて)、自分にとってどういう部屋が
良いのかも、まだピンときてない様子でした。
(大まかな希望=JR中央線沿線。実家が確か立川方面だったような・・。賃料7万まで。
 お部屋は6帖位。バストイレは別。駅歩数分圏内といった内容。)
「よし。自分がしっかりナビゲートしてあげよう!」と張り切っていたのですが・・・。

(案内①)
彼女は新宿勤めだったので、通勤時間を重視して中野にある賃料7万円の物件を紹介。
お部屋はそんな悪くはありませんでしたが・・・「やっぱり6帖じゃ狭いかも・・・」
実際のお部屋を見たら思ってた家財道具が入らない事に気付いたらしい。
また日を改めて、探し直す事に。

(案内②)
次にオススメしたのは高円寺の物件。今度は8帖のお部屋です。
しかし彼女から出てきた言葉は「キッチン狭いかも・・・しかも電気コンロだし。
バリバリのキャリアウ~マンと思いきや、結構お料理も作るらしい。
この時代は電気コンロ物件の割合も結構高いので、物件探しは更に難しくなったのでした。

(案内③)
今回は自信がありました。お部屋の条件もピッタシ♪ 場所は西荻窪でした。
3度目の案内ということもあり彼女とは仕事以外の事なども話すようになってました。
「私、休日は新宿よりも渋谷に買物にいく事が多いんですよぉ~。スペイン坂とかもお気にです。」
「へぇ~、渋谷ですかぁ。僕、昔109に行こうとしたら青山学院に行っちゃったんですよ~(アホ)」
みたいな話をしながら物件に到着。お部屋は理想にかなり近いみたいでした。
しかし西荻の駅までの帰り道、彼女は少し悩んでたみたいです。
部屋に何かまずい箇所があったのかなぁと彼女に聞いてみると、部屋が駄目ではなく、
「実は・・西荻の街並みって・・・なんかピンとこないというか~・・・好みじゃなくってぇ」
ガビーン!!そう返してくるとは・・・

(案内④)
前回のショックから少し立ち直り、私はとある1件の物件を探し出し彼女に連絡をいれました。
「場所は吉祥寺。駅からも10分以上は歩きますけど見てみますか?」
私はあまり期待してなっかのですが、彼女は見てみたいとの事。
翌日、待ち合わせ場所に彼女がやってきました。
「何度も何度もすみません」とちょっと申し訳なさそうにしてる彼女でしたが、私も
ここまでやったからには必ず希望の物件を見つける覚悟でいました。

吉祥寺の街を物件に向かい歩いていきます。「やっぱり結構距離あるな~」と心の中で焦る私。
けど彼女はあまり気にしてない様子でした。  そして物件に到着。(汗)

ドアを開けて、彼女を室内に通しました。彼女はじ~っとお部屋を見渡しています。
すると彼女がボソッとつぶやきました。

   「私が思っていた部屋はココだったのかも・・・

日本語で訳すと「摩天楼」という名のアパートでした。その名前も気に入ったと言ってます。
居室も8帖、収納も多し。キッチンも広く自慢の料理もスイスイ作れそうです。
ようやくたどり着いた、というより巡り会えました。

後で聞いたら、吉祥寺は学生時代を過ごした懐かしい街であるし(馴れてるから歩く距離も気に
ならないと)、なによりも井の頭線で渋谷まで一直線です。通勤だけでなく、日々の暮らしをも
充実させたいという彼女には、ココは「理想の場所」だったのでしょう。


今はこだわりを持ったお客様も多く、それに対応する営業マンも大変かもしれませんね。
けど、皆それぞれに「思い描く場所」というのがあります。
それを「面倒だなぁ~」と感じるか、それとも「ぜひ、実現させたい!」と思うか。
賢いお客様はそんな営業マン達の表情を見抜いてるのではないでしょうか。


このOLさんにはホントに良い経験をさせてもらいました。
実はこの2年後、彼女が結婚する際の新居探しも指名していただいたのでした。
こんなヒヨっ子(当時)に任せてくれて、誠にありがとうございました。
(次回へ)

※新潟市のお部屋探しならコチラ→「ハウスパートナー」へどうぞ!

ランキングに参加中♪ 多くの人に見て欲しいので今回の話が良かったと思ったら、
赤いランキングマークをポチッと一押しご協力を!(ランキング~アップします。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://housepartner.blog46.fc2.com/tb.php/20-f608338d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。