HP店長さんが語るアパート・マンション紹介物語
新潟市にある小さい不動産屋の店長が書く、アパート・マンション等の賃貸物件紹介にまつわる物語。過去の面白物件・裏ネタ・珍事件を個人的意見も交えてお届けいたします。
プロフィール

HPの店長さん。

Author:HPの店長さん。
HP店長のブログへようこそ!
不動産・物件探しをする時に
役立つネタ、業界のウラ話等
を紹介中。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「手付金」と「申込金」の意味って何!? その①  ~東京編.24
読む前に今日は何位になっているかチェ~ック!
(赤マークをクリックお願いしま~す。m( _ _ )m)

      閲覧数は増えてもクリック増えず皆さんの愛のクリックを期待してまひゅ。
 
    ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

秋晴れのとある日、「P興産」はいつもながらの和やかムードでした。

そこに突然、1本の電話。 反響の電話かと思いきや・・・

「あの~。先日○○さんにお願いした物件ですが、悪いですけどキャンセルしたいんですが・・」
申込した物件のお断りの連絡のようです。

電話を受けた担当はさぞかしガックリしてるかと思いきや、意外とにこやかでした。(?)
というのも・・
「いや~、キャンセルきたけど手付金没収だから、まいっか~♪

そのお客様は入居申込の際、お部屋を押さえる為という理由で手付金(当時はそう呼んでた。)
を賃料の半月分いれていたのでした。 今回はお客様側からの一方的なキャンセルなので、
違約金代わりにその手付金は没収という訳です。

このように没収した手付金も、この当時は売上として計上しても良いことになっていたので、
丁度締め日近くだったこともあり、早めに売上を上げることができた担当はそれはそれで
悪くないかな~と思っていたみたいです。(あくまで社内的にOKとしてただけですヨ!!)

    ※     ※     ※     ※     ※     ※     ※

「手付金」=契約成立の証として相手側に支払う代金の一部。

売買物件の契約の場合は、当り前のように取り交わされるものですが、”賃貸”の場合ですと
取引の性質の違いもあり、「手付金」というお金はその取引に馴染まないものであります。

もう少し説明すると、「売買契約」の場合は売主・買主が双方出席のうえ契約を締結して、
手付金を売主側に支払います。 なぜ代金全額を支払わないかというと、この時点で契約は
有効ではあるが、完全成立までにクリアーしなければならない要件が多々あるからです。
その要件を少しあげると・・・
 ①買主側のローン本申込は通常、売買契約後に申請するのが常であるから。
  (もし、審査NGだと残代金が支払えない。
 ②測量・分筆(土地の分割)に着手するのは契約後。
 ③抵当権等を外すための期間が必要。      などなど。
 (※現金一発の取引もありますけどね。)

  
では”賃貸”の場合はどうでしょう?
通常、気に入ったお部屋が見つかったら入居申込書を記入して貸主側に提示します。
この段階ではまだ契約の成立とはなりません。貸主の承諾を得てから、契約の段取りに移ります。
そして、重要事項説明を受けてから契約書に捺印契約金の支払い等を行い、ようやく契約が
成立します。

この一連の流れのうち、入居申込をする際に「手付金」を払うケースがあります。
営業トークとしては
「このお部屋を契約までキープするには、いくらかの手付金が必要です。」とか、
「1万でもいいので入金いただかないと、大家さんに申込の報告ができません。」などなど。

けど、実は多くの大家さんは、不動産屋が「手付金」をもらっていることを知りません。

だから、申込がキャンセルとなっても違約金など貰えません。多くの場合は不動産屋がネコババ
してました。

しかしです!先程も書いたように、申込自体は契約したことにはならないし、大家さんがOKを
だした後でも、重要事項説明書の説明、契約書に双方の捺印が無ければ、不動産取引の慣行上
契約が成立したとはいえないでしょう。

ですから、上記のケースなどで「手付没収」をすることはルール違反(というか業法違反)です。

こういったケースによる苦情が多く寄せられた為、この当時(たぶん平成4~5年頃)東京都では
「賃貸の申込時に手付金と銘打って、金銭の受領をしないようにしましょ~!」
っていう感じの指導がきたりしました。
当然、「手付金没収」も出来なくなりました。


しかしながら、その後も「申込金」とか「契約証拠金」とかの名目で、入居申込時に
1万~数万円預かる行為は多くの業者で行なわれたのです。

建前上は「預り金」扱いですので、契約前のキャンセルであれば当然返してもらえます。


でも、この「申込金」。預りだからといって安易に支払っちゃあダメですよ。
現在でも、このような行為を行なう業者はおりますが、先日、「ちょっと、どーよ!?」
と思う出来事がありました。

長くなるので、この続きは次回へ・・・・。
(次回へ)

※新潟市のお部屋探しならコチラ→「ハウスパートナー」へどうぞ!

ランキングに参加中♪ 多くの人に見て欲しいので今回の話が良かったと思ったら、
赤いランキングマークをポチッと一押しご協力を!(ランキング~アップします。


より面白い記事を書くため、皆様の励ましクリック期待してま~す
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://housepartner.blog46.fc2.com/tb.php/33-84ea0748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。