HP店長さんが語るアパート・マンション紹介物語
新潟市にある小さい不動産屋の店長が書く、アパート・マンション等の賃貸物件紹介にまつわる物語。過去の面白物件・裏ネタ・珍事件を個人的意見も交えてお届けいたします。
プロフィール

HPの店長さん。

Author:HPの店長さん。
HP店長のブログへようこそ!
不動産・物件探しをする時に
役立つネタ、業界のウラ話等
を紹介中。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告は信用できるか!? ~東京編.3
皆さんがお部屋を探す時は、まず賃貸情報誌(新潟ではジュガ、タウンズ、チンタイとか)から目を通す
ケースが多いのではないでしょうか。
90年代はネットも普及してないので、まさしく紙媒体が部屋探しの主役でした。

その皆さんが期待して目を通す情報誌に、実は衝撃事実が隠されていたのでした。
その事実とは、「ウソ広告」の掲載です。(知った時はホント、驚きました・・)
私が入社したP興産でも、既存スタッフはそのやり方をしていました。

存在しない物件をあたかも空いているかのように広告掲載するのです。
お客様はそれらに騙されて問い合わせをしてきますし、その場合の受け答え方法も
何パターンかが用意されていました。集客の為にそこまでするか!って話です。

出向組の私達も「ウソ営業」の指導を受けましたが、そのやり方を許せない私は営業成績を
上げて広告の担当を任せてもらうまでになった段階で、広告方法を更正していきました。
全うなやり方に馴染めない旧スタッフは、1年後には全員去っていきました。

現在は規制も厳しく、こんな事は無いと思いますが、皆さんが情報誌の発売日に本を購入し
早速良さそうな物件の問い合わせをしても、「もう終わりました~。では!ガチャン!・・・・」
って事がよくありませんか?
これは別にウソをついてる訳ではありません。雑誌というのは作成の為に発売の1~2週間前から
作成をします。その間に決まってしまう事はよくある話です。魅力的な物件なら尚更でしょう。

これから探す方にアドバイスさせてもらうと、情報誌は探す「手段」ではありますが、「それが全て」
ではありません。ひとつの目安であるという観点も持ちながら誌面のチェックをして欲しいと思います。

結局は、どの不動産屋の、どの人にお願いするかで結果が大きく左右されるのです。
(次回へ)

※新潟市のお部屋探しならコチラ→「ハウスパートナー」へどうぞ!

ランキングに参加中♪ 多くの人に見て欲しいので、
参考になったと思えたら、ポチッと一押しご協力を!

この記事に対するコメント
本当に不動産やさんによって対応は様々ですよネ_alt_str_e_257.gif__alt_str_e_77.gif_
何件も自分たちの条件に合った物件を探すに為に不動産屋さんに電話をしたり、物件を見せていただいたりしましたが、ハウスパートナーさんのKさんをはじめ皆様の熱心であたたかいご対応には夫婦で感激しましたo(≧∀≦)o
今はご紹介いただいた物件で快適に生活させてもらっています!!(*'-^)♪

納得がいく物件が見つかるまで、ハウスパートナーさんなら面倒をみてもらえること間違い無しですよo(^O^)o♪
【2008/04/21 00:04】 URL | コメ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://housepartner.blog46.fc2.com/tb.php/4-209d15e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。